■中国*寧夏回族自治区*銀川(インチュアン)*「たび重なる事件③」

パトカーでホテルに向かうことになった。

初め乗り込んだパトカーはなぜかエンジンがかからなかった。
乗り換えようとしたパトカーは、運転席の扉以外開かず、しばらく数人であれこれやっていたが、結局運転席から乗り込んだ。
警官達は大笑いしていた。
こんな事、不思議だよ、可笑しいね、と警官の一人が話しかけてきたが、私は笑えなかった。

ホテルでは、3人の警官と私を見て、先ほどのフロントの女の子が心配顔になった。

そして、警官達が豹変するのを見た。

今までの私への態度と180°変わった。
強い口調で何か言っている。
女の子は完全におびえていた。
初めて見る男性が現れ、たぶんこのホテルのオーナーであろう、彼が対応をした。

しばらくやりとりが続き、台帳やらなにやらチェックを受けていた。

その間、オーナーらしき男性は、しきりにタバコとお茶をエリートに勧めていたが、エリートは断っていた。

私はそばで様子を伺っていた。
申し訳なくて、顔を上げることができなかった。
30分ほどやり取りは続いた。

オーナーにもフロントの女の子にも引きつった笑顔が現れてきた頃、エリートは私に言った。
「あなたは今晩と明晩の2日だけここに泊まっていいですよ。」

エリートは私が翌々日のフフホト行きのチケットを持っていることを知っている。
だからそれまでここに居ていいというのだ。
ということは、ホテルも営業停止ではないのだ。

意外な展開だった。
何をどうしてこういう展開なのか、私の予想は狂ったが、安堵感と申し訳なさで胸がいっぱいになった。

以前、英語を話す中国人の5人兄弟(!)の女の子が、中国はお金を払えば何とでもなるのよ、と私に言ったことを思い出した。

お金の力でなんとかなったのであろうか?
私にはわからない。

エリートは言った。
「長い時間でお腹もすいたでしょう?一緒に晩ご飯食べませんか?」
とてもお腹は空いていたけど、とてもじゃない、一緒にご飯なんて食べる気になれない。
疲れているからという理由で断った。


この結果を私は安堵していいのか、いまだ複雑な心境にいる。

■コメント

■Re: 中国*寧夏回族自治区*銀川(インチュアン)*「たび重なる事件③」 [マヤ]

続けざまに事件だね・・
しかし、ホテルが営業停止にならなくて一安心だね。
摘発の怖さを知ってるだけに、本当に良かったよ。

■ドキドキ [しおり]

リサさん!旅の覗き見させて頂いてます!何だか読んでいるだけでドキドキです…事件4が無い事願ってます!

■Re: 中国*寧夏回族自治区*銀川(インチュアン)*「たび重なる事件③」 [kaz]

中国の公安ってホントやなカンジ・・

■Wao! [トーサク]

ふとお茶の水NARUで紀行文見つけたら*事件!是非出版すべし。その価値を高めたぞ。スパイに間違われるなよ~。

■Re:マヤ [リサ]

店の摘発は、日本の方がキビシイなんてことは無いと思うのだが。。。不思議。

■Re: しおり [リサ]

私もこれ以上イヤな事件にはあいたくないよ。
もっと色っぽい事件ならいいのにね。

■Re:kaz [リサ]

日本の公安にも世話になったことありますが、こちらもそうとうでしたよ。

■Re: トーサク [リサ]

カメラの盗難により、スパイ疑惑は晴れたと勝手に解釈しております。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

カレー屋歴3ヶ月
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で11年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春から間借りでカレー屋を始めましたが、7月31日閉店しました。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おこしくださりありがとう