■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■中国*雲南省*昆明(クンミン)

とっくに明けてますが、おめでとうございます。

陽朔での大晦日から元旦にかけては、警官がやけに多いなと感じるだけで、特に前日までと変わった様子はなかった。
皆の時計が正確ではないようで、0時頃あちこちで時差的に歓声が聞こえた。
私は部屋のテラスから通りを眺め、ときどき爆竹が派手に鳴るのを聞いていた。
テレビでは、紅白歌合戦のような番組をやってる。
美人が「北国の春」を歌っていた。
少数民族のエリアに来てから「北国の春」は大人気だ。
たぶん歌詞もそのままなのだろうな。

元日の朝、陽朔からバスを乗り継いで、元日の夕方にトン族の村に着いた。
そこで夕ごはんにトン族娘達と一緒に鍋をごちそうになり、お蔭で思い出に残る元日となった。

料理中のトン族娘
料理中の娘さん。

元旦夜の鍋
マッシュルーム、菜っ葉、山芋、鶏肉、しゅうまいらしきものが入っていて、辛いタレを付けて食べる。


三が日はその村でのんびり休養し、といっても、トン族の建築物はクギを使わない伝統的なもので、廊下は壁もなく吹きさらし。
私の部屋には窓にガラスがあって、よく見たらガラス部分はクギで止めていたので、最近つけたのだろう。
暖房は電気毛布。
非常に寒かったが、景色もよくのんびりできた。

風雨橋
この風雨橋を渡ると、私の泊まった程陽の馬鞍村。
右奥に見えるのが、私の泊まった宿。

馬鞍村
村の中。

部屋から
部屋の中から。



そしてまたバスを乗り継いで乗り継いで、雲南省の昆明に来た。

1時間ごとくらいに現れる集落に立ち寄り、その村の人を乗せるんだけど、集落ごとに衣装や髪形が変わる。
さらに進むと建物の造りが根本的に変わってくる。
木造から石造り、そしてレンガ造り。
産物も変わる。
みかん、とうもろこし、菜っ葉、サトウキビ...

しかし今中国の山間部は、急ピッチで高速道路建設が進んでいるようで、山道の途中も工事が多かった。
高速道路は私にとってはさっぱり面白くない。
景色が変わらない。
見かける人は、高速道路を歩いている地元の人だけ。
家も遠目にしか見えない。
ラッキーなことに、私の道のりは半分しか高速ができていなかった。
あと1年もしたら、あの楽しい道のりはもう辿れない気がする。

途中からつまらない高速道路に乗ってこの昆明に来たら、人の顔付きが今までとは明らかに違う。
言葉も違う。
日本人を広東語(?)でニープンと言っていたのがもうさっぱり通じず、日本人はリーブンになった。



今日は、世界遺産である石林にツアーで行ってきた。
客は中国人観光客20人と韓国人観光客2人と私。
石林は人気のツアーだからだろうか、ツアー客は皆同じホテルの宿泊客でまとめられていた。
予想とは裏腹に、村意外では、日本人の大人が満足できるまともな宿に宿泊しているのだが、こういう宿に宿泊している中国人がおもしろい。
皆個人旅行者で、女の子の一人旅は意外に多い。


今日のツアーは格段に楽しかった。
中国人にしたら物価的に考えて1泊1部屋3万円位の感覚のホテルだと思うが、たいていの人は簡単な英語の単語くらいなら言える。
「こんにちは」「はじめまして」「よろしくおねがいします」が言える人数人。
日本語で少しの会話ができる朝鮮族の人1人。

私に世話を焼いてくれた山東省から来た男性がおかしな人で、ガイドに花花公子と命名され、愛嬌のあるルックスにぴったりなおかしな行動で皆を楽しませてくれ、久しぶりに人と一緒に声をあげて笑ったことがうれしかった。

石林
花花公子が撮ってくれた私。
花花公子
中国人は写真を取る時、私からすると笑っちゃうポーズをとります。
花花公子はその典型。

■コメント

■Re:hiromin [リサ]

初めが肝心!
私の元日は、郷に従って、1月26日ですが、
今年はいっそう良い年になるようお互い励みましょうね。

■Re: 中国*雲南省*昆明(クンミン) [hiromin]

明けましておめでとうございます~v-263
今年もよろしくお願いします。
今年の年頭の私の心境は
「なんだか今は行けそうな気がする~。」
と なんとなく気持がウキウキしているよー。
リサさんも良い旅を楽しんでねv-218

■Re:マヤ [リサ]

時々旅行中に思うこと。
誰かが書いたシナリオに巻き込まれたのではないだろうか?と。
不思議なストーリー展開になることがとても多いのだけど、もしかしてこれらは全部ロケセットなのか?

■Re: 坂本君 [リサ]

私もこの馬鞍村がたいへん気に入りました。
程陽は馬鞍村といくつかの村でなっているのですが、一つの村には家が80件から100件位でしょうか、ほとんどの道が露地なので小さくまとまっていました。
程陽の宿は、橋を渡って最初の馬鞍村の入り口に4件しかなかったのですが、この宿の客は私以外に一人だけで、とても落ち着きました。
レンジは今まで中国で訪れた民家はすべてデジタルをつかっていましたが、すべての家で調節不能でした。

私も露地好きです。
以前私がやっていた店も、誰も気付かないような露地でした。

■Re:ながやん [リサ]

ながやんに教わった日本語変換ウェブ、たいへん役立っています。
最近はずっとこれ使っています。
どうもありがとう。
漢字候補が少なくて、別の単語入れてから使う字以外を消去する作業は面倒ですが。。。

丸くなったのは着膨れと信じたいです。
夏服しか持ってこなかったので、全部着込んでます。
最高気温6度というのを天気予報で見て、この後ダウンコート買いました。

■Re: 中国*雲南省*昆明(クンミン) [ながやん]

良いなぁ、私もそういうのんびりした旅をしてみたい。旅というのは本来はこういう事なんでしょうね。

写真を見ると本当に楽しそうですね。少々丸くなったように見えるのは寒くて着膨れているせいでしょうかな?(笑)

気をつけて、旅を楽しんで下さい。

■Re: 中国*雲南省*昆明(クンミン) [坂本君]

中国人の写真ポーズに爆笑!

写真で最も衝撃を受けたのは馬鞍村。
瓦葺の建物の味わい深さと言ったら…
そして村の路地。
梶井基次郎の小説にもあったけど、今にも崩れていってしまいそうな貧しげな路地を歩くと、何とも言えない安堵感に包まれるんです、おれ…
まるでお母さんのお腹の中に帰ったような安心感と言うか。勝手な願いだけど、中国がこれ以上近代化しませんように!

お鍋も美味そう!!中国娘のファッションはやはりジャージが基本のようで。レンジもずいぶんデジタルなものを使ってて、アンバランスでお洒落だねw

■Re: 中国*雲南省*昆明(クンミン) [マヤ]

良いお正月を過ごせたみたいだね。
しかし、写真の全てがロケのセットみたいに感じるよ。
引き続き良い旅を!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。