■エキサイティング

荷物整理がひと段落したら、エキサイティングな再会が続く。

まずその①

時々思い出す人がいるのだが、その人は今の私の趣味思考を作った根元の人。
しかし事情があり26年前から連絡はとっていない。
というかもはや連絡先もわからず、連絡のしようがない。
噂を聞く事も無く、生きているのかさえ知らない。
この26年、時々思い出しては、本当にどうもありがとう、と一人で言ってみたりしていた。
その人なくては今の私はいないからだ。

ところが数日前、その人のブログを発見したのだ。
思い出として私のことが実名で書かれていた。
まさかと思ったが、それは間違いなくその人と私との出来事だった。

悩んだあげく、そこにコメントを残す事にした。

果たして、その人から連絡が・・・・・・・来た。

web上での驚きの再会。


その②

土曜日は初台にライブを観に行き、キャバクラ時代の同僚と再会。
実は彼女、リサバー閉店まぎわに今回のライブのバンドのベーシストが、リサバーにたまたま偶然連れて来てくれて、15年ぶりのお互い大酔っ払いというか泥酔の劇的な再会をしていたのだが、今回はお互いほろ酔いで、程よく話もでき充実の再会。
良かった良かった。

そしてこれまた結婚してからめっきりリサバーに来なくなった、当時リサバーで最も若いお客さんだった、今や一児の父とも再会。

あと衝撃的だったのは、一緒にライブに行った友人が最近離婚したことを聞く。
電撃離婚。


その③

日曜日も都内で飲み会があったので、土曜日の夜っちゅうか明け方は歌舞伎町に泊まった。
昼ごろ、お金をおろそうと新宿駅前の銀行で、これまた数年ぶりのキャバクラ時代の同僚とばったり会う。
彼女は乳母車をおしていた。
リサバーにも来ていた彼女だったが、ある時からぱったり来なくなっていたので、気になっていた。
彼女はシングルマザーになっていた。
そのいきさつを語ってくれた彼女の目に、うっすら涙が湧いてくるのを見てとった。
でも今は息子が生きがいなのよと笑っている彼女に、当時はあまり感じられなかった強さというものを感じた。



時は人を成長させるんだね。
この3日間であった再会に感謝。

■コメント

■Re: 日記*エキサイティング [坂本君]

丸尾末広!嬉しい名前です。読むのに体力を要するくらいどろどろしてるけど、大好きな漫画家です。青林堂から出ていた作品集に収録されていた「学校の先生」という作が一番好きです。

金子國義、四谷シモンってことは渋澤龍彦先生も好きですか?何か昔より趣味が合いますね!!

というわけで、ブログもお気に入りに登録させてもらいました。後何日かしか同じ国で過ごせないのかと思うと
複雑な心境です・・・

■Re: 坂本君 [リサ]

渋澤龍彦を好きって言ったら本当のファンに怒られるので、一応、河出文庫のを何冊か読んだ事があるという程度です。

コメントを読んで「学校の先生」ってどんなんだったけ、と、丸尾の本をダンボールから引っ張り出そうとしたのですが無理でした。

そりゃ趣味は合いますよ(笑)

同じ国じゃなくてもネットで繋がってますから、近いですよ。

■ありがとう [大社長]

ライブを聴きにきてもらい、ありがとうございました。
いろんな再会を読むと、りささんのパワーの強さを感じますね。

■Re: 大社長 [リサ]

楽しかったです。
こちらこそどうもありがとうございました。

確かに私のパワーは強い方だと思うのですが、
再会のきっかけを無意識に作った大社長のパワーには、まだまだおよびません。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

カレー屋歴3ヶ月
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で11年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春から間借りでカレー屋を始めましたが、7月31日閉店しました。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

おこしくださりありがとう