■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アルメニアとベトナム

2010年のアルメニア旅行中、1924年のワインをご馳走してくださり、素晴らしく記憶に残るワイン&ブランデー工場アララトのお酒を、今さらながら入手しました。
91年前のワインは残念ながら入手できませんでしたが、ブランデーが手に入りました。
アララトのブランデーは、スターリンがヤルタ会談でふるまい、チャーチルがたいへん気に入って、その後チャーチルが毎年大量に購入したことで知られています。
アララトのブランデーは、とてもシンプル。
ブランデー本来の味をお楽しみください。なんと1杯800円。
破格の低価格。私の思い入れがあるお酒なので、特別価格です。

あと、ベトナムのネップモイも入荷しました。
ナッツのような香ばしさとスパイシーな味わいで、口に含んだ瞬間にベトナムにトリップできます。

写真は左から、グルジアのワイン、ベトナムのネップモイ、アルメニアのアララト。

*グルジアをジョージアって呼ぼうとしたのですが(2015年2月11日のブログ参照)、在日グルジア大使館のHPはいまだ「グルジア」という記載のまま。
なので当面私は、私がしっくりくる呼び方のグルジアと呼ぶことにします。

アララト&ネップモイ

■コメント

■Re:アルメニアとベトナム [マヤ]

リサバーは世界のお酒が飲めるお店だね!

■Re:アルメニアとベトナム [リサ]

日本酒しかり、世界の酒もやっぱり危険。

■Re:アルメニアとベトナム [マヤ]

酒が危険なのか?アタシ達の飲み方が危険なのか(笑)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

新宿歌舞伎町の
元リサバーの場所で
6月29日再びリサバーを
オープンしました

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。