■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■現実逃避

最近テレビドラマで、40代半ばの女性が鎌倉に移住しその恋や仕事に悩みながら生きている姿を描いているのを見た。

小泉今日子演じる主人公の45歳の女性は、結婚暦なし子供なしの独身で、かといってモテなかった訳ではなく、男性と付き合ったことも同棲したこともあるキャリアウーマンだ。
そんな彼女が、仕事にも恋にもやるせなさを感じ、あこがれの鎌倉へ移住し、そこで起こる出来事がドラマの主なストーリーだ。

主演の小泉今日子は現実に私と同じ歳だし、私は昨年から鎌倉在住。
ヒト事じゃない。
それだけの理由で興味を持ち、観てみた。

主人公の会話や行動が、今も時たま一緒に飲む大学の同級生の女友達とダブって見えた。
こういうドラマが放映されるという事は、それに共感する人が多いということだと思う。
私もその一人であるように。


私は、ドラマのように会社務めのキャリアウーマンではなかったが、個人で小さな飲食店を営む独身労働婦人だった。
アラフォーという言葉が世間で使われるようになった頃、私はちょうどそういう年齢だった。

そしてその年齢にして、恋にも仕事にも行き詰まりとやるせなさを感じ、とりあえず店をたたんで旅に出た。
旅に出れば、そんな行き詰まりの何かよい解決方法を見つけられると思っていたから。

しかし、2年半近く海外を放浪しても、なんら良い解決法なんて見つかりはしなかった。
帰国後もなお、答えは見つからないでいる。
ようはこの数年間、私は現実逃避をしているだけなのだ。

私、そして私の友人知人の女性達を見ていると、人生の中で女性が悩む時期というのはある。
まず、29歳前後。
多くの女性がこの頃、結婚や仕事や将来について、それまでの人生で最大の悩みを抱える。
そして40歳代。
体力の衰えを感じ、自分の努力ではどうしようもできないものも乗り越えねばならない。
これこそこれまでの人生で最大のスランプ。
現実を逃避したくもなる。
しかし逃避したところで、現実は依然とあるのである。

ドラマのように、鎌倉の古民家に移住するのも現実逃避だ。
あこがれの非日常に身を置くことで、新しい世界の夢のような生活がある気がする。

しかし、どんなにあがこうと現実はそこにも依然としてあるのだ。


■コメント

■Re: 現実逃避 [ぴのっち]

世界放浪の旅・・・日本から出たことないぼくチャンには憧れですな。
いつかリサバーで世界の話をうかがいたいものです。

fuhahahahaha( ̄▽ ̄。)←ぴの笑い

■Re: ryosuke [リサ]

お久しぶりです!
私はむしろ仕事の事だけ考える生活をしたいです。
で、バー再開の店舗物件を探していますが、タイミングを逃したりチャンスを失ったりと、これまた絶不調であります。

■Re: 現実逃避 [ryosuke]

会社勤めしていれば現実逃避していない,というわけでもないですよ.仕事のことしか考えないで日々がすぎていきますから.言い方変えれば,何にも考えていないです.

■Re: daisuke [リサ]

現実は、すべて考え方一つ。
パラダイスだと思えばここはパラダイス。
考え次第でいくらでもなんとでもなるのが、この世ってことだね。

■Re:ぴいとんぴ [リサ]

こんにちは。励ましてくれてどうもありがとう。
考え方一つで、人生天国だったり地獄だったり。
ひらきなおったら、少し楽になりました。ありがとう。

■Re: あなたのウッチー [リサ]

たしかに、あれが鎌倉じゃなかったら私も見てない。
311は、鎌倉にも小さな津波が来たそうです。
地震後、海を観察していた母がそう言ってました。
東北だったら飲み込まれてるよ、うちの母。

■Re:ひろ [リサ]

えっ、飯島直子、ひろと同じ歳なの?!
そういえば小泉今日子と飯島直子はドラマの中で同じ歳ってことになってるから、そういう歳なんだよねぇ。
飯島直子ってもっと若いと思ってたよ。
独身中年女3人の飲み会って、だいたいあんな感じなのかね。

■Re: kaz [リサ]

そだね、飲もう飲もう。
しかし最近は酒もめっきり弱くなってるよ。

■☆ [daisuke]

旅で見た世界も この星とあなたの現実なのさ


好きなことやりなよ

■Re: 現実逃避 [ぴいとんぴ]

リサさん、こんにちは。リサさんのブログはすばらしいブログでした。リサさんの2年半は決して現実逃避ではありません。誰にもできないすばらしい偉業です。生き生きとしていらっしゃいました。旅の最後のほうに大きなヒントがあったでしょう?日本中のこのブログを見ている人たちがそう思っています。

■Re: 現実逃避 [あなたのウッチー]

あれ舞台が鎌倉でなかったら見てなかったかもしれない。
ドラマとしてはイマイチだし。
つまり個人的な思い入れとかセンチメンタル。
実は旅の動機というのも同じようなものだったりする。
でもそれはそれでいいんだ。
現実感覚とのバランスがとれていれば。
ハレとケだな。
でも
津波が怖いのでもう鎌倉プリンスホテルには行きません。

■Re: 現実逃避 [ひろ]

おもろいよね!今生観戦中~。私はキョンキョンは勿論
なんだけど、飯島直子が同級だから余計みだしたんだけど、会話やら、キョンキョンが女三人で飲むあり様がリアルだし。オンデマンドTVで見逃し見放題契約しちゃった~

■Re: 現実逃避 [kaz]

取り合えず飲もう!

■Re:まっさん [リサ]

ここ数年で、むっちゃイスラムの環境を体験し影響を受けたつもりだったけど、逆に仏教的なものが引き出されたのかしら。

■Re: マヤ [リサ]

マヤのジャニーズもまさにそれだな。

■ [まっさん]

なんか完全な自己客体化って悟りに近い気がする。さすが鎌倉、仏教的な日記。

■Re: 現実逃避 [マヤ]

お~!
そんなドラマやってるんだね。
ジャニードラマしか観てなかったよ。
あっ・・ジャニーズドラマもある意味現実逃避かも・・
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。