■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■エジプト⑨*ナイル川クルーズ

エジプトは、二重価格が基本になってる。
町の商店で物を買う時、食堂でご飯を食べる時、観光地の入場料、いちいち現地人価格とツーリスト価格が違う。
これは貨幣価値が、円やドルやユーロと違う国ではよくある話なんだけど、エジプトでは、路地裏の零細商店にまでこれが完全徹底していて、零細商店ほど、ボリの倍率が上がる。
ファイブスターホテルなど、もともとの値段が高い場所では、それなりのサービスも受けれるので、ボリの倍率は低く感じる。

日本で言うと、
銀座のクラブで、8万円の会計だけど、次またいつ来るかわからない人だから、10万円請求される。
しかし、ガード下の立ち飲み屋で、1200円の会計でも5万円請求される。って感じかなぁ・・・

だから、思い切って贅沢をすれば、かえって安く感じます。
それがつくづく身にしみたのは、ナイル川2泊3日クルーズをした時。


ナイル川では、豪華客船によるクルーズが楽しめる。
これを知ったときから、クルーズしたくてしたくて。
でも、きっと目玉飛び出る値段なんだろうなと諦めていたんだけど、一応値段だけ聞いて諦めようしたら、なんと想像の半額以下で、1泊60ドル。3食込み。

2泊3日120ドルで、アスワンからルクソールまでのナイル川下りクルーズをしてきた。
納得のお値段で、そうとう楽しめました。

ナイル川クルーズ1
ナイル川観光のハイライト、ナイル川クルーズ。

フローレンス号ロビー
我が船、フローレンス号のロビー。

フローレンス号私の部屋
私の部屋。

デッキのプールサイド
デッキにはプールがあって、暑い日中に、プールから顔だけ出して、流れる景色を眺めるってのが最高。

デッキのカフェ
デッキのプール反対側はカフェになってて、エジプトビール小瓶で600円ほど。

コムオンボ遺跡
途中、車では行きづらい遺跡にも寄ってくれ、上陸・観光できます。
ナイル川中流沿いは、観光客が勝手に個人で単独で観光をすることができない。
陸での移動は警察の護衛が必要。
だからツアーを組むなり、車をチャーターするなりしてから、ある程度人数が集まったところで警察の護衛を付けて行くのが一般的。
船の場合、遺跡に横付けしてくれるので、護衛は必要なく楽チン。

レストランでは3食ともビュッフェ
ご飯は3食ともビュッフェですが、美味しい!
エジプト料理って、美味しいんじゃん。

感じのいいのコック
肉料理を取り分けてくれてるコック。

毎回違うベッドメイキング
ベッドメイキングのある所に、久しぶりに泊まりました。
毎回違ったタオルのメイキング。
こりゃハートにスワンのチューだね。
一人で乗船してるので、このメイキングはちと寂しいなぁ。
他にも、ゴリラが椅子に座ってたり、サルが天井からぶら下がってたり、部屋に戻って毎回サプライズ。

たくましい土産物屋
商魂たくましいボートの土産物屋。
クルーザーに手漕ぎボートで近寄ってきて土産物を売るのだけど、ボートから商品をデッキにうまいこと放り投げ、上から投げたお金を、これまたうまいことキャッチする。



クルーズしていて感じたこと。
古代、ナイル川中心のこのエリアの人が、太陽や星の研究をしたのはすごく自然なことだったと思う。
ナイル川は、世界で一番長い川なのに、流れ出る支流がない。
そして南北を一直線に貫いている。
太陽はナイル川上流を見て、左側から上り、ほぼ真上を通って、右側に沈む。
ナイル川と直角に軌道をとり、毎日必ず生まれそして消えていく太陽。
夜になれば、ナイル川下流、川の流れの真ん中上に、じっとして動かない北極星が輝いている。
ナイル川は北極星を目指して流れているように感じる。

ナイル川のそのみごとな自然的条件があったから、人の知的好奇心ははぐくまれたんだろうな、と感じた。
「エジプトはナイルの賜物」と言うが、その通りだと思う。

■コメント

■Re: [リサ]

一応エジプト限定なんだけど、モロッコでもできるかもしれないなぁ・・・
やってみまふ。

■Re: エジプト⑨*ナイル川クルーズ [kaz]

モロッコで試すが良い!
ってそこに石油王はいるのか?

■Re: [リサ]

>マヤ
「サウジアラビアから遊びに来た石油王をエジプトでゲットする方法」ってのを教わったんだけど、試すのすっかり忘れてた。
あー、聞いたときは試そうと思ってたのにぃ!
何やってたんだアタシ!
明日モロッコに飛ぶよ。
残念。

■Re: エジプト⑨*ナイル川クルーズ [マヤ]

クルージング、イイね~!
早いとこ石油王ゲットして
アタシを豪華クルージングの旅に招待しておくれよ!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。