■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■トルコ*イスタンブール

飛んでイスタンブールにやって来ました。
イスタンブールのガラタ橋

飛行機から見たイスタンブールの街はとても美しく、赤い屋根の建物群はおもちゃみたいに可愛く、黒海は本当に青黒く、期待度が大きく高まったが、まったく期待をうらぎらない、いやそれ以上に満足できる街です。
好きだわぁ、イスタンブール。(写真はガラタ塔の上から撮影)


ブルーモスク
モスクのドームも、複雑で重厚な感じ。
イスタンブール観光でははずせない、写真のブルーモスクの近くに宿をとる。


トプカプ宮殿前
トプカプ宮殿前で、トルコ人に写真を撮ってもらう。
冬のイスタンブールは雨が多く、めったに晴れない。
この日の気温5℃、寒い。


エジプシャンバザール
私が心に描いていたトルコそのままのエジプシャンバザール。
カラスミやキャビアや香辛料やお菓子を売ってる。


港近くの高級レストラン通り
イスタンブールは、三方向を海に面している。
南側の港の近くの高級レストランは、日本の高級レストラン並みのお値段で、一人じゃ入りづらいので見学のみ。


ぶどうの葉に包まれたピラフの前菜
日本のトルコ料理屋でもお馴染みの、ぶどうの葉に包まれたピラフの前菜。
(フォーシーズンホテル近くのチョイ高レストラン)


ロカンタ
観光エリアを少し脇に行くと、安い食堂のロカンタがある。
おかずを好きなだけ選べる。
500円位でお腹一杯。


ロカンタのごはん
パンは食べ放題。
イスタンブールに居る個人旅行者の強い味方のロカンタ。
この日は、出会った日本人5人で昼ごはん。


ムール貝のピラフ屋
ボスポラス海峡近くの港には、ムール貝にピラフをつめた物(ミディエドルマス)を売ってて、1個だけさっさと立ち食いしていくトルコ人も多い。


サバサンド
パンに焼きサバをサンドイッチ(バリクエキメッキ)。
これがとても美味しい。
聞いた話によると、日本で同じものを作ってもマズイそうだ。
日本のサバは脂がのり過ぎてるらしい。


クリスマスイブのボスポラス海峡
クリスマスイブの晩は、一人でボスポラス海峡のアジア側とヨーロッパ側をつなぐフェリーから、美しい夜景を楽しむ。
トルコはイスラムの国なので、クリスマスな感じはなく、一人でもちっとも寂しくない。
贅沢な気分にひたる。


トルコのピデはイタリアのピザの元祖だし、のびーるアイスクリームや、ワインも美味しい。

トルコ風呂(?)のハマムは今のところイマイチ。
貴重品をハマムに持って行ってはいけないとのアドバイスがあり、写真はないけど、大理石の浴室の雰囲気はまさにハーレム。
しかしながら垢すりもマッサージも歌舞伎町のサウナの方が満足いく。


トルコは、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ、旧ソ連の交差地点にあり、人々の顔や食べ物、建物、言葉でそれを感じる。
出会う旅行者達も、世界中からやってきて世界中に去っていく。
交差点だと強く感じる。


イスタンブールが気に入ったので、もう少し滞在します。

■コメント

■Re: [リサ]

>だいちゃん
ありがとう。
最近私は、胡散臭い人々を即時判断できる技に磨きがかかってきました。あはは。

>ひろみん
トルコ人と結婚してる日本人女性多いよー。
どこの町にも必ずいるよ。
女性がトルコ旅行中に知り合うケースがほとんど。
トルコ人はイケメン多いし、基本イスラム教だから、ものすごく優しくてやきもち焼きなんだよ。
そんなところに惹かれるんじゃないかな。

■Re: トルコ*イスタンブール [ひろみん]

トルコは親友の恩師が(恩師ていってもアラフォーだよ)トルコ人と結婚して在沖してるの。で、カンペイ見て盛り上がりだそうだよ^^
彼女のブログではこのような写真はないから、いまいち想像しきれなかったけど、トルコ株は私の中で急上昇!!! 地中海料理大好きだし、建築も素敵だね!!

■ごめんごめん [だいちゃん]

↓の謹賀新年の書き込みは
名無しの権兵衛ですけど「だいちゃん」でした。

1/3にポレポレ東中野で小三治の映画を見て
それから歌舞伎町のリサバーの跡地まで歩いたけど
相変わらず胡散臭いのがウロウロしてましたよ。

でも店舗は一軒も営業していませんでした。

良い旅を続けて下さい。

■Re: [リサ]

あけましておめでとうございます。
トルコのセルチュクという小さな町にいます。


>kaz
私もイスタンブールとカッパドキアしか知らんかったのよ。
トルコでガイドブック入手してから色々調べたよ。
興味深い場所がかなりあったよ。
こんなに自由なモスリム国、万歳!

>ギターの大家
初代トルコ大統領の銅像移転のニュースはネットで知りました。
私に話しかけてくるトルコ人は100人中100人が「日本に行きたい」と言い、そのうち1人は既に日本に来たことがあります。
でもこれは、日本で稼ぎたいと言う理由だと思われ、船の話は現地人から聞いたことはありません。
でもね、みんな日本のことは好きみたいよ。
船の話は、チャンスを作って聞いてみます。

>ながやん
こちらは大晦日にサンタクロース来るので、ちっとも正月気分じゃありません。
サンタクロースも、パッと見はサンタなんだけど、イスラム風の赤のマントとターバンに白いひげだったり、さすがイスラム世界で初めて政教分離した国、発想が自由です。


間寛平ちゃんは、私がイスタンブールに到着する直前に通過してしまっていました。
日本人の間で、大いに盛り上がってましたよ。
同じ宿の人は皆で応援に行ったそうです。
寛平ちゃんは、ボスポラス大橋でちゃんと話しをしてくれ、個人旅行者に興味を持っている様子だったと聞きました。
寛平ちゃんは私と誕生日が同じだし、大好きなので、すれ違いで会えなかったのが残念です。

■謹賀新年! []

新年明けましておめでとうございます。
旅立って優に1年が過ぎ日本への恋しさも薄れた事でしょう(笑

アジアな顔つきで写真に収まっていたかと思っていたら
トルコまで来るとそこまではアジアとしても顔立ちがかなり
ヨーロッパな感じになってきましたね。
世界三大料理って中国料理とフランス料理とトルコ料理なんだよね、
http://www.tatsukichi-net.com/cooking/290158.html
文化の入り交じる所だからきっと美味しい料理がいにしえの昔から
発達してきたのでしょうね?
きっともう堪能していると思いますけど。

そう言えば昨日のテレビで間寛平ちゃんがアースマラソンで
ヨーロッパからアジアに入ったって言っていたから
きっとその辺で走っているかも知れないね。


さて日本のお正月ですけど
大陸からの寒波の襲来が厳しく太平洋側でも関東と北海道の東部が
晴れている程度で瀬戸内地方や中京地方まで降雪が観測されて
寒い年明けになりました。
新宿ではコマ劇場の再開発も頓挫しているみたいで周辺のお店にも
そのしわ寄せが来ているらしく閑古鳥が鳴いているみたいですよ。

景気も上向きになるまで諸国漫遊で充電していて下さいね。

旅先からの日記
楽しみに読んでいますのでこれからも気をつけて進んで下さい。

2010年、リサさんにとっても良い年でありますように。

■Re: トルコ*イスタンブール [ながやん]

明けましておめでとうございます。

異国の地で迎える新年はいかがでしょうか?
今年もよろしくお願いします。

■Re: トルコ*イスタンブール [ながやん]

超うまそう~
食べたい!!

■Re: トルコ*イスタンブール [ギターの大家]

数日前に廃園になったトルコ村に野晒しにされていたアタチュルク初代トルコ大統領の銅像が、エルトゥールル号ゆかりの地和歌山県の方に移されるというニュースが目に留まった。
百年以上も昔の和歌山沖でこの船が遭難した折に、地元民や日本海軍が何人もの命を懸命に救った。
『この件でトルコ人は親日家となり「どこの国に行きたいか?」と尋ねると十人中九人が「日本に行きたい!」と答える』と
高名だけど偏った史観を持つ学者が書いたのを読んだことがある。
これって現地の滞在している日本人の実感としてどんなものなのかなぁ?
エルトゥールル号ってトルコではそんなにも有名な話なんでしょうか?
(私は高名な先生の本をよんで始めた知った)
何気に探ってみてください。お願いします。

まもなく旅立って2度目の正月ですね。
元気に旅の継続を~


■Re: トルコ*イスタンブール [kaz]

トルコ、いい感じだね~。
イスタンブールとカッパドギアくらいしか
知らないけど、エキゾチックな雰囲気がグ~!
ムール貝ピラフや焼きさばサンドも食ってみたい。

ではイスタンブールで良いお年を!!

■Re: [リサ]

>マヤ
イスタンブールでいきなりエンゲル係数アップだよ。
所持金が一気に減ってる・・・
しかし体は確実に太ってるよ。
一人で入れる店がたくさんあって嬉しいよ。
オシャレな街で、私ゃ浮かれてるよ。
年越しは、イスタンブールかどうかまだ分からないけど、トルコで過ごすのは確実。
海外旅行でどこに行こうか悩んだら、イスタンブールを強くお勧めします。

■Re: トルコ*イスタンブール [マヤ]

イイね~!イイね~!
イスタンブール!
食べ物が美味しいのは何よりだよ。
年越しはイスタンブールかい?
楽しんでおくれよ!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。