■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■インド*ダラムサラ

半年前にキルギスで取ったインドビザの期限があと10日に迫ったので、パキスタンからインドに入った。
パキスタンでインドビザが切れると、かなり面倒臭いことになるので、とりあえずインドに来たはいいが、10日以内にインドも出なければならないので、まず、パキスタンとの国境から程近いインドのダラムサラに住む、私の尊敬すべき先輩のN子さんに会ってから、急いでネパールへ出ることにした。

N子さんについて昨年12月に日記に書いたことがある。

N子さんの仕切る日本食レストランは繁盛していた。
N子さんは、やや疲れた感じではあったが、相変わらず美しい女性だった。
前回お会いしたのが15年間。
今は中学生と小学生の娘さんがいる。
15年前には無口でクールでYMOの高橋ユキヒロに似ていたチベット人のご主人は、日本語がかなり上達していて、私の中で、お茶目な感じのイメージに替わった。

亡命チベット人を助けるために一役かっているN子さん。
インドの食材で、日本の味を出すために工夫を凝らし、味噌や納豆を手作りするN子さん。
子育てと仕事を両立させているN子さん。
私にはなかったエネルギーをN子さんからもらった。

N子さんには、在ダラムサラ日本人女性の友人がいる。

なんとその女性Cちゃんは私の知人でもあった。
8年ほど前にインドのバラナシで、宿の部屋が隣だったのをきっかけで知り合ったのだが、
まさか今、ダラムサラにいて、N子さんの友人になっているとは思わなかった。

このCちゃんと私は不思議な縁がある。

インドのバラナシで初めてCちゃんと会った時、彼女は自分がキーボードを弾いているバンドのテープを聴かせてくれた。
ガンジス河に船を出し、船上ライブをやったというそのバンドの音楽に、私は特に心を持っていかれるということはなかった。

数年後、私がやっていたバーに、一人のお客様がレインマンというバンドのミニアルバムを持ってきた。
「秘密基地」というタイトルのそのCDを、一度聴いて、私はすぐにファンになった。
歌詞からすぐに旅好きなことがわかったし、詞の内容は単純なようで深かった。
じきにこのレインマンのボーカルDスケも私のバーによく来てくれるようになった。
Dスケと知り合いけっこうな月日が流れ、Dスケの音楽にさらに興味を持った私は、彼のバンドのCDを初期から聴くことにした。
このバンドの成長ぶりはスゴイ。
さかのぼったら、へたくそだ。
そして気づいた。
インドのバラナシでCちゃんがキーボードを弾いていたバンドは、このバンドだ。

そして、今、Cちゃんと私はダラムサラで再会。
私はこの旅で、Tシャツを2枚持ってきているが、2枚ともDスケが作ったレインマンのTシャツだ。
初めてCちゃんに会ったときは、CちゃんがこのバンドのTシャツを着ていた。
不思議な縁だ。

縁といえば、私はダライラマにも縁を感じる。
ダラムサラは、ダライラマが亡命している地であり、チベット亡命政府のある所だが、ダライラマは世界中を回っているので、ここではたまにしかティーチング(説法会)を行わないらしい。
ビザの関係で、私は急ぎ足でダラムサラを駆け抜けないとならないのだけれど、ちょうど私の滞在期間中に、このティーチングがあった。
私はダライラマから、彼の哲学、宗教、仏教、さらに大乗仏教について聴くことができた。
ダライラマは、ユーモアのある人のいい親戚のおじさんのようだった。

N子さん、Cちゃん、そしてダライラマからもらったエネルギーで、今晩から23日のインドビザが切れる前にインドからネパールに抜けるためのバス移動も、難なくできそうな予感。

■コメント

■Re: [リサ]

>kaz
ツユを、レンゲじゃなく、ステンレスの普通のスプーンで食べさせるような店に、サービス料を取る資格無し!
ツユに酢が入っている鍋焼きうどんなんて、食えん!
疲れてるから、最近怒りっぽいのかな?

■Re: インド*ダラムサラ [kaz]

鍋焼きうどんが500RS~!?
ひどい、ひどすぎる。
不味くてしかもサービス料とかTAXとか・・
そんな店は早晩つぶれるが良い!

現地食を食べると夜中に吐く、って
そろそろ疲れが溜まってきているのでは?

今までタフな所を旅してたから、意識せずとも
相当なストレスが蓄積しているんだと思うじょ。
んでネパールで心が緩んだから、体が反応してるのだ。

ゆっくりポカラで梵して日本食を食ってダラダラするが
よろし。

■Re: [リサ]

>kaz
今回はレイクサイドに泊ってます。
ダムサイドの「アニールモモ」は1週間休業との事で、食べれませんでした。
ここ、もはや老舗だよね。
15年前、私は「ボーダー」を途中まで読んだよ。
この時も体調崩してて、今回もまたポカラで体調崩してるよ。
小さな小汚い店の現地食食べると、夜中吐きまくって苦しむ事が多くなったんだけど、何だろねこれ。
だから体調崩してる時は、日本食にしているんだけど、「モモ」が閉まってるから別の店行ったら、たいして美味しくない鍋焼きうどん食べて500ルピーよ。
300ルピーの宿泊ってるのに、500ルピーのごはん。
1ネパールルピーは、約1.3円だから、650円のまずいうどん。
この店、メニューの表示価格に23%のサービス料と税金取ってんのよ。
日本食屋にたまにあるのよ、こういう店。
メニューの分かりづらい所にサービス料のこと書いてあるの。
まずい店は、だいたいこの手口。
日本のキャバクラじゃあるまいし、なんなのよ、このサービス料って。
それほどのサービス、そういう日本食屋で受けた事ないよ。
私はもうこの店には二度と行かないけど、「美味しいからまた来ます」って言って帰っていった日本人カップルがいて、かなりたまげたよ。
ま、この15年で、個人旅行はそうとう変化したんだと思う。
そういう私も、バックパック背負って旅したことないんだけどね(笑)
ちなみに、カトマン・タメルの「おふくろの味」ってのが私のお気に入りで、ここは、サービス料取らないけどサービス良く、キャベツの千切りはプロだよ。
美味しいし、安いし、良いよ。

■Re: インド*ダラムサラ [kaz]

やはり日本食はやめられねえっすねえ。
イスラム圏が長かったから豚肉うま~、ですよね。

今はポカラですか?ダム?レイク?
ダムサイトのレストラン「モモ」は今も健在でしょうか?
ここでカツ丼を頼んだら1時間半くらい待たされた事が
ありました。
ここおいしんだけど、出てくるのがチョ~遅いんだよね。おかげでここに置いてあった「北斗の拳」を読破しました。(ポカラで初めて読んだ)

しかしネパールにスーツケースで来る人が増えたとは・・  何とも隔世の感がありますな。
物価が高くなるのはイヤー!!

今度わしもビジネス本を持参して梵エリアを歩くとしよう!

■Re: [リサ]

>kaz
おばはんも次回からAirにしまふ。

カトマンでは1日1食日本食にしてました。
日本食でなおかつ豚肉に餓えてますもので・・・
ダラムサラではN子さんの作る日本食で毎日大満足でしたが、基本このレストランはベジなので、カトマンでは、「豚肉しょうが焼き定食」やら「カツ丼」三昧しました。
豚肉おいしいよー(涙)パキスタンでは豚肉ありませんでしたからね。

15年前はカトマンには2件ほどしかなかった日本食屋が、いまや雨後の筍。
味も値段もサービスも、まちまち。
とりあえず、タメルの日本食屋は制覇しておきたいところです。
最近は現地食を食べると、胃がおかしくなって、翌日寝込むという体です。
ちょっと日本食に慣れ、脂っこいのを突然受け付けなくなったのか、年取ったのか・・・・

それにしても、タメルとポカラの物価は、キチガイザマですな。
短期旅行の人が増え、どんどんお金を落としてる結果ですな、こりゃ。
タメルとポカラのエリアもグーンと拡大しているし。
スーツケースで来てるツーリストをたくさん見かけるよ。特に日本人ね。
ネパールにスーツケースで来れる時代になったのさ。

宿に置いてある、ツーリストが置いていった本もオモロイよ。
経済の本とかビジネスマンに役立つものが多いのよ。
私はこういう本好きだからいいけど、梵エリアに今までは無かったタイプの本が増えてるってことが、興味深いよ。

■Re: インド*ダラムサラ [kaz]

うう・・そんなバスで2泊3日って・・
想像しただけで暗い気持ちになったよ。

わしはデリーからマナリ行きのバスで、運転席横の
鉄板の上にでかい外人とかとギュウギュウで座らされ辛い数時間を過ごしただけでメゲていたので、そのバスは
無理です!(キッパリ)

やっぱおぢさんは金出してAirにしまふ。


ところでカトマンはわりとちゃんとした日本食の店も
ありますが、久々に和食などは食べましたか?
orもう国籍不明になったリサさんは相変わらずの100%
現地食でしょうか?

■Re: [リサ]

>daisuke
そうなのよ。
Cちゃんと再会できたのよ。
Cちゃんは今、ダラムサラにゲストハウスを建設準備中。
数年前まで、建物賃貸して「ホテルトウキョウ」という宿をやっていたんだけど、土地を買ったので、そこにゲストハウス建てるって。
でもね、許可だのなんだの申請の処理がインド式だから、あと2年はかかるらしい。
インド人と結婚して子供もできて離婚したという噂はデマで、彼氏でありパートナーはインド人だけど、結婚はしてないとのことだよ。
daisukeの話をビールとワインの肴に、盛り上がりましたよ。
私の今回のインド訪問は、ビザの関係で10日しか居られず駆け足だったので、ビザ取り直した後、またダラムサラに行くと約束しました。
多分3月頃かな。
Cちゃんに伝言あったら伝えます。
ところで、daisukeのメールアドレス教えてよ。
このページのメールフォームから送ってくれると、私にメールで届くから。

■Re: インド*ダラムサラ [daisuke]

ここでCちゃんの話が出るとは。。。(笑)
元気そうでよかった。
再会してくれてありがとー!

スノウリ国境超えはあいかわらずだなぁ(笑)
デリー地下鉄あるんだねー。

とりあえず楽園ネパールで旅の疲れを癒してね。

気をつけて。

■Re: [リサ]

>kaz

今朝、カトマンドゥに着いたよ。
その後談。

ヤバイよ。
チベタンコロニー発、カトマンドゥ行きのバス。

デリーからカトマンドゥまで2泊3日。
ポカラ行く人は、ネパール入って途中のムグリンって所でポカラ行きに乗り換えるんだけどね。
その前に、聞いてよ、ちょっと!

私はコロニーでチケット取ったんだけどね、昼の2時発だったから1時に行ったのね。
出発がコロニー前の道路じゃなくて、裏にある怪しげな広場だったわけ。
その辺から、怪しいと気づくべきだったんだけどね。

そこにバスが1台止まってて、屋根にはものっすごい荷物満載してるのさ。
?と思いながらバスに乗ろうとすると、乗れないほど人がたくさんあふれ出てるのね。
既に満席で、立ってる人でギュウギュウなのよ。
当然私の席7番にも人が既に2人座ってて、7番が3人もいるわけよ。
全席ダブル以上ブッキングしてる感じなの。
でもまぁ、一応女だってことで、一席空けてもらって座らせてもらえたのよ。

通勤ラッシュなみの混み具合でバスは定時に発車。
リクライニングシートは壊れてて、少しでも背もたれに体重をかけると、これが後ろに傾いちゃって、後ろの人のお腹についちゃうのよ。
仕方ないから、背もたれに触れないように、背筋を伸ばして座らざるをえないわけ。
どうやら私のと、私の前の人のリクライニングが壊れているのよ。
前の人は気にもせず、その人の背もたれを私のひざで支えているのに、ガーガー寝てるのよ。

頭にきて、その人の顔を覗き込んだら、大昔の農協ツアーのオヤジみたいな顔してるのね。
でもね、それともちょっと違う。
もっと感情がないというか、年齢不詳というか、からくり人形っぽいというか、不思議な顔なのよ。
周りを見回すと、なんだか見たことない人種の人だらけなのよ、バスの中。
チベタンでもネパリーでもインド人でもないのよ。
初めて見る顔つきの人でバスがギュウギュウなのよ。
中国の田舎からの出稼ぎ労働者がこんな感じの顔してたけど、まったく聞いたことない言葉しゃべってるの。
後から、ネパールの田舎の人だって分かったんだけどね。

しばらくして、この人達、バスの中でタバコを吸い始めたわけ。
超混んでる中でだよ。
でもまぁこんなことは中国じゃあ良くあったことだし、リクライニングの件も我慢してたの。
しばらくして、喉が渇いたから、天井の棚に荷物と一緒に置いてたペットボトルの水を飲もうとしたら、無くなってるの。
床をみたら、タバコの吸殻やバナナの皮や痰やとにかく凄まじくゴミでちらかった中に空のボトルが踏まれてペシャンコになって落ちてるのよ。
このゴミのマナーは実に中国人ぽいし、インドじゃ勝手に水飲まれるのは仕方ないから、どちらも既に経験済みだからこそ、なんとか我慢できたのね。
1泊2日、こんな感じでバスの中よ。

通常ツーリストバスだと、インド側からネパール入ったら、ボーダーの宿で1泊するのが当たり前なのね。
既にバスの中で過酷な1泊2日を過ごしているので、ボーダー着いた時は、やれやれこれでとりあえずベッドに寝れると思ったら、このバス、引き続き走るのよ。

ええっ、ウソでしょ?!ってマジショックだった。
もう1泊連続でこのバス?!
ありえない2泊のバス移動だったよ。

このバスには私の他に、イスラエリーの女性が一人乗ってたから(彼女は2人がけのシートに3人座らされ滅入っていた)、ボーダーの手続きを彼女から聞いて、ちゃんとネパール入国できたけど、基本外国人が乗らないみたいで、自発的に外国人出入国手続きしないと、そのまますんなりネパール入れちゃうのよ。
スノウリボーダーもどうかしてるよ、まったく。
危やうく、密入国になるところだよ。

2泊と2日、この状況のバスの中で過ごし、明け方暗いうちにカトマンドゥに着いたから、やれやれホッとしたよ。

そんな時間に着いたから、タメルに行くタクシーにはボラれたけど仕方ない。
タクシーの運転手ったら、「タメルには宿屋は無い」と言われ、そこはイスラエリーと2人して、ふざけるな!ボケ!と反論。
そしてそんな時間だから、宿屋にもボラれたよ。
明日からは安くて眺めのいい部屋、さっき予約したけどね。

やっぱ、観光客に知られてないって、都合の悪いこともあるよ。

チベタンコロニーに泊まるのはオススメだけど、旅行会社はメインバザールのにしたほうがいいよ。
いや、けっしてコロニーで取ってはいけない!
メインバザールでネパール行きのバスチケット取っても、このコロニー近くから発車するはずだからね。

あーーー、
文句書いたらスッキリしたよ。
サンキュ。

■Re: インド*ダラムサラ [kaz]

チベタンコロニー、歩き方やロンプラにも載ってなくて
欧米人にも知られていないなんて超穴場!

しかもそこまで行くリキシャがボラないなんて夢のよう!

来年あたりデリー行って、そこからネパールに行こうかしらん?
ちなみにポカラ行きとかは出てませんか?

■Re: [リサ]

>kaz
チベタンコロニー、そうとういいよ。
日本のガイドブックでは、デリーの地図で、この場所はカットされてるし、まだ、ロンプラにも出てないんじゃないかなぁ。。。
この場所は、ダラムサラで聞いたんだけど、チベタンの旅行者がほとんどで、ラマがやってるレストランもあって、ネットカフェは綺麗で速いし、旅行者用品も売ってるし、チベット土産物やもズラーっとあって、便利この上なし。
外国人相手の安宿街そのものなのに、外国人がほとんどいないの。
ホットシャワーで、ヤムナー河のすぐ脇で見晴らし良く、100ルピーって、15年前よりも安いよ。
テレビのある部屋でも150ルピーだよ。
私が思うに、これらの建物や生活費用を、インド政府が負担しているんじゃないのかしら。。。
インドは中国に対抗して、チベタンを厚く保護しているらしいから。
地下鉄ビダンサバ駅からサイクルリクシャーで15ルピーかかるんだけど、この15ルピーは固定プライスで、ボラれることないの。
すでにメインバザール経験者には、完全にこちらをオススメ。
ガイドブックに載って欲しくない超穴場。
このコロニー前から、インド北部とネパールのカトマンドゥ行きのツーリスト用バスが出てて、なぜここが鼻のきく欧米人にバレていないのか不思議。
コロニーは道路からは壁で仕切られているから、露地のような入り口を入ってくるツーリストはいないんだろうな。
15年前も、私はここからバスでカトマンドゥに行ったんだけど、その時はここは見事なテント村で、いかにも難民キャンプだったんだよ。

>マヤ
日本講演かぁ。
ダラムサラにいた日本人旅行者は、日本講演も参加している人が多く、私みたいに何も知らずに来て超ラッキーってな不謹慎な輩はあまりいなかったよ。
わざわざこの為にインドに来たって人が多かった。
私はこちらで、すばらしく上手な日本語通訳で聴くことができて、ダライラマに興味をもったよ。
マヤも話のタネに、時間があったら行っても面白いと思うよ。
それに、もうかなり高齢なので、次の機会はそんなにたくさんは無いかも知れないと、ダラムサラでは言われていたよ。

■Re: インド*ダラムサラ [マヤ]

縁や繋がりって不思議だよね。
ダライラマ関係のボランティアをしてる
お客様が「日本公演のチラシを置かせて下さい」
との事で、昨日からサロンにチラシを置いてるのさ。
すげーリアルタイムな話しでビックリしたよ。
アタシも話し聞きに行ってみるかね。

■Re: インド*ダラムサラ [kaz]

チベタンコロニー、知らんかった。
ホットシャワーで100RSとは激安じゃん!
わしなんてメインバザールで200~300RS出してたよ。
今度からは是非、そっちにも行ってみましゅ。

それにしてもインドを「ゆるい」とおっしゃるアナタは
どんだけ~!な旅人ですね。一段も二段も上のステージ
に行かれたようで・・。師匠と呼ばせて下さい。

■Re: インド*ダラムサラ [リサ]

>imustak
ああ、やっぱ親戚のラマおじさんだったのか。
どおりで初めてあった気がしなかったよ(笑)
チベット人って、超かっこいい人多いんだよ。
私だけの意見じゃなくて、他にもそう言ってる日本人女子が多いよ。
ガタイがよくて、坊さん以外は長髪が多くて、ワイルドさがハンパじゃない。
心の底からにじみ出るこのワイルドさは、日本人にはなかなか出せないよ。
ところでスウィーツですが、色は違えど味はほぼ同じような感じ。
四角や三角のは、食感は芋ようかん、味はエバミルク。
丸いのは、食感はブランデーケーキ(たっぷりブランデー含んで濡れた感じの)、味はこちらもエバミルク。
右下のオレンジ色のは、食感は柔らかいカリントウ、味はただただ甘い(砂糖シロップ味)。

>kaz
不思議な再会やつながりが、多い事は自分でも感じてます。
そしていつも、悪いことは出来ないな、世の中狭いし。。。と、思うのですが、すぐにその心がけを忘れてしまうのが難点。
ところでさぁ、インド良いね。
ほーんと一人旅しやすいわぁ。
パキでは、この楽でゆるい感じすっかり忘れていたよ。
やっぱインドいいわぁ。
デリー地下鉄できてて便利だし、もう高いメインバザールに泊まらなくても、チベタンコロニー(チベット人難民キャンプ)っていう新たな安宿街あるし。
広くて綺麗でホットシャワーで、デリーなのに100ルピーだよ。
15年前は、このあたりはテント村だったけど、今はそこに建物が建てられ、ごちゃごちゃしてるけど建物がみな15年以内だからキレイ。
コンノートから地下鉄ですぐだし、良いよ。

■Re: インド*ダラムサラ [kaz]

ついにインド、ネパールですか。

それにしても、N子さんやCちゃんとは凄い縁だね。
感動的だあ。

ダライ・ラマの話が聞けたタイミングも凄い。

あんた普通の人じゃあないよ。
(元から普通の人じゃないか・・)

■Re: インド*ダラムサラ [imustak]

あれ?言ってなかったっけ?
親戚のラマおじさんのこと(笑)

すごい縁だ!
偶然では済まされない、必然だよ!
友達を大切にするリサだからこそこういうすばらしい縁を築きあげてこれたんだよ。素晴らしい事です。

元気そうで何よりです。
つり橋は見てるだけで罰ゲームのような気分になるよ~
でももし行ったら誰かを前に歩かせて、ゆっさゆっさ揺らしてみたーい。

カラフルなスイーツはどんな食感?
スポンジ?パイ?お饅頭?お餅?落雁?黒棒の色違い?あ~気になるっ!

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。