■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ウズベキスタン(3)*カラカルパクスタン共和国*[アラル海]

ウズベキスタン西部に、カラカルパクスタン共和国という自治国がある。
独自の憲法を持つれっきとした国なのだが、入国手続きなくウズベキスタンとを行き来できる。

ここにはアラル海という世界4番目に大きい湖がある。
いや、世界4番目に大きかった湖があった。

緑豊かで多くの動物のオアシスである美しい湖だったと言う。

ソ連による、綿花栽培のための度を越した潅漑政策で、面積が縮小し、まもなく消滅するだろうと言われている。

盛んだった漁業は壊滅。
ソ連時代に、工業排水を川に垂れ流しだったため、湖底に沈んでいた有害物質が露呈。
もともと塩湖であり、残った湖は極端に塩分濃度が上り、塩と有害物質がまき散らされ、この地帯の奇形児率はとても高い。



元アラル海を見に、カラカルパクスタン共和国に行く。


ヌクス
カラカルパクスタン共和国の首都ヌクス。
ウズベキスタン内にあるこの共和国は、他のウズベキスタンの地域よりソ連色が強い気がした。
町で巨大なパイプに遭遇。
何を運ぶためなのか、現役なのかも分からないが、なんとなくソ連チックに感じた。


そして車で4時間ほどの、元アラル海の港ムイナックへ。

ムイナックの元漁港1
元の漁港ムイナックには船が残されたままだ。
荒地に船。
ここが湖だったとは、船を見ても、にわかに信じがたい。

ムイナックの元漁港2
少し離れたところで竜巻が起きている。
あちらこちらで竜巻が起きているが、これがまたいっそう廃虚感をかもしだしている。

ムイナックの貝殻
足元を見ると、砂の中に貝殻がたくさんあり、湖だったのだなと分かる。



5月8日の日記のコメントに、私が日本で経営していた店の従業員ビビちゃんから、アラル海についてのコメントいただいています。
テレビでこのアラル海を特集するようなので、興味のある方はぜひ観てください。
私は観れないのがとても残念です。



■コメント

■Re: ウズベキスタン(3)*カラカルパクスタン共和国*[アラル海] []

荒野に船がシュールだね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。