■2014年09月

■大盛況のナマステインディア@代々木公園

人が集まるのか心配したナマステインディア@代々木公園は、天気に恵まれ、予想外に大盛況でした。

私は昼間の満席の中野「南印度ダイニング」をあたふたとなんとか回し、夕方遅く代々木公園へ。
そこで見たものは、ステージの前にびっしりの人・人・人。
そしてどのレストランブースにも人の列・列・列。
ひときわ長い列の先は、今日の目的地「南印度ダイニング」でした。
出店を5年前から手伝っているスタッフは、おそらく過去最高の売り上げだったのではないかと話してくれました。
別のスタッフからは、ピークには100mの列ができていたと聞きました。

他に私的に予想外だったことがあります。
レストランブースの設備。
冷蔵庫、照明、2艘シンク、従業員手洗い水道、湯沸かし器など、一般飲食店が保健所から営業許可を取るために必要な設備がほぼ完璧にそろっています。
これが野外なんて信じられない設備です。
扉付き食器棚はありませんが、イベント出店の場合は使い捨て容器使用が原則なので、必要ないのでしょう。
後片付けだけの参加でしたが、このしっかりしたプロの設備に感心し、そしてとても勉強になりました。

イベント本部の受付テーブルに、案内パンフレットと一緒に、「ご自由にお使いください」とたくさん虫除けスプレーが置いてあったのが有難くて印象的。

心配してくれた皆様、おかげさまで大盛り上がりとなりました。
どうもありがとうございました!

■続・代々木公園ナマステインディア

明日20日と21日、代々木公園のインドフェスティバル「ナマステインディア」の開催が決定しましたが、出店予定の飲食店は約40店舗あったのに、ほとんどが辞退し、7店舗になりました。(物販やステージの催しはたくさんあります)
「南印度ダイニング」は出店します。
私はこの出店のスタッフとなる予定でしたが、この異常事態に、インド人オーナー自らイベントに赴くこととなり、代わりに私はこの店の中野の本店をきりもりすることになりました。
来てくださる予定だった方、私はおりませんが、虫除け対策をして是非代々木公園に遊びにいらしてください。

ここ数日異常報道は収束しましたが、デング熱騒ぎは報道を媒介としたデマに思えます。
そもそも第一報が「70年ぶりのデング熱国内感染者」。
これを聞けば、70年ぶりに国内に感染者が出たと勘違いします。
正しくは「毎年デング熱感染者は国内に数多く居るけど、今回届出られた中に国内で感染した人がいた」です。
そして「毎日感染者が増えている」のではなく「届出された人数が増えている」です。
だいたい今まで、海外に行った人にしか医者もデング熱を疑わなかっただろうから、海外に行ってない人を検査していなかったのだと思います。

この騒ぎで興味深いのは、東京都では、マラリアの感染届出人数も増えています。
おそらく毎年マラリアの潜在的感染者も相当数いるのでしょう。
しかしこのことは一切報道されません。
本当に国民の健康のことを考えるなら、マラリアが日本にあるということこそ報道すべきことだと思います。
私の知人の日本人は旅行中にマラリアにかかり、2人が海外で亡くなっています。
手遅れになる前に治療の必要があります。
マラリア感染者が国内に実際いて、蚊が媒介するのだから国内感染の可能性はあるので、初期症状などを報道すべきです。

報道は常に偏っているけど、今回は何のためにこのような報道になったのか。
陰謀説がささやかれても、当然のことと思います。

しかしこの異常なデング熱騒ぎのおかげで、蚊が媒介する病気が現在でも日本にあると知れ渡った事は、結果的には良かったことなのかもしれませんが、やるせなさを感じます。

参考:東京都感染症情報センター
http://survey.tokyo-eiken.go.jp/epidinfo/weeklyzensu.do

■代々木公園ナマステインディア開催します!

毎日デング熱の感染者数が更新していることが報道されているので、代々木公園で行われる予定のナマステインディアは中止になるものと思っていました。

しかし、さすがインドフェス。
開催が決定しました。
フェスティバル本部は、各自が蚊に刺されないよう気をつけるように喚起しています。
たしかに、インドに行く時は蚊の対策は考えます。
虫除けの塗り薬なども日本から持って行きます。
これはインドに行く人の間では一般的な事です。
インドでは、デング熱だけでなく、普通にマラリアも流行りますから。

開催することを知って、ため息をついたのは「南印度ダイニング」のインド人オーナー。
このナマステインディアの出店料は、かなり高額です。
中野のこの店の家賃約3ヶ月分を、フェスティバル2日間のために払います。
フェスティバルが中止になればこの出店料は返ってきますが、開催となれば、さらに材料費や光熱費、人件費など支出しなければなりません。
お客さんがいないと、零細飲食店にとって、莫大な赤字を出すことになります。
大丈夫、お客さんはきっとたくさん来る。と願うしかありません。

どうぞ虫除け対策して、代々木公園に遊びに来てください。

私は、マスコミが大騒ぎするほどデング熱が大流行しているとは思いません。
毎年、潜在的に沢山のデング熱感染者はいたのだと思います。
今回は、検査する人が増えたために感染者の届出が増えているだけだと思っています。
なぜなら感染者の話を聞く限り、デング熱のことを知らなければ風邪だと思う症状だし、報道前は医者もデング熱を調べなかったと思うから。


21日の日曜日に、南印度ダイニングのブースにおりますので、遊びにいらしてください!


ナマステインディア2014

■毎年のデング熱感染者数を調べてみた。

テレビやニュースで毎日のようにデング熱のことが言われていますが、今月20・21日の代々木公園でのインドフェスティバル「ナマステインディア」に「南印度ダイニング」のスタッフとして出店予定だった私としては、ちょっと気になります。
かなり前から楽しみにしていましたので。
このデング熱には、代々木公園で行われる予定の原発反対デモを封じ込めるための陰謀説、なども聞かれます。

そこで、調べてみました。
東京都の毎年のデング熱感染者の人数。
東京都感染症情報センターのHPはとてもわかりやすい。
http://survey.tokyo-eiken.go.jp/epidinfo/weeklyzensu.do

今のところ、例年どおりの感染者数に思われます。
ただこれからは、検査する人が例年に比べ圧倒的に多くなると思われるので、爆発的な人数を記録するかもしれません。

はたして、今月20・21日のインドフェスティバル・ナマステインディアは開催されるのでしょうか?
10日に本部から発表されます。

■33332

33333番目にこのブログを見てくれた方を祝福したかったのですが、どなたからもメッセージをいただいていないので、通りすがりの方か、もしくは携帯からご覧になった方だったのではないでしょうか。

つきましては、33332番目にいらしてくださったMQさんを繰り上げ当選とさせていただきます。
MQさん、おめでとうございます!
そしていつもブログを読んでくださってどうもありがとう!
MQさんは、次回リサバーにいらしてくださった時、チャージ50%オフになります。
これからもどうぞよろしくね。

■33333

パソコンからこのブログをみると、訪問者カウンターを見れる。
このブログを始めてからこの瞬間までに、このブログを訪れてくださった方の延べ人数がカウントされているのだけれど、先ほど見たら「33310」になっていた。
2008年の秋から始めたこのブログに、6年間で33310人の方がいらしてくれてる。
どうもありがとうございます。

そこで、まもなく33333イベント。
右側のカテゴリの下にある「おこしくださりありがとう」の数字がカウンターです。
「33333」番目に訪れてくださった方は、メッセージください!
リサバーのチャージを半額にさせていただきます。(3時間飲み放題ならチャージ1,500円になります!)
携帯からだとカウンターが見れませんので、パソコンで訪れてくださった方のみとなります。
おそらくあと2~3日中に33333になると思われます。
33333楽しみです!

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

おこしくださりありがとう