■2008年10月

■お宝発掘

10月28日

部屋の荷物整理。
お宝発掘。
・丸尾末広の「丸尾地獄」限定1,000部版
15年くらい前に定価3,000円~5,000だったと記憶しているが、一時期マニアの間で10万円位で取引されていたと聞いてる。
・金子國義の画集
・四谷シモンの作品集
・ハンスベルメールの作品集
などなどその他お宝とおぼしき本がいくつか発掘される。

20代の頃はよくこれらを眺めていたのだけれど、現在無職の私はこれらを売ろうと思う。
こりゃ引越し費用と香港へのチケット代が出るな、などと皮算用し、夜眠れず。


10月29日

さっそく昨日のお宝を中野ブロードウエイに持参。
中野ブロードウエイは、漫画やサブカルチャー物の店が多く、買取もしてくれるのだ。
中でも先日、雑誌「STUDIO VOICE」「BURST」を破格で引き取ってくれたサブカル系古本屋へ。
丸尾末広の原画など飾ってあって期待ふくらむ。
ところがどっこい、
一番のお宝「丸尾地獄」は、3年前に復刻版が出て値崩れをおこし、今じゃ4,000円くらいの引き取りだと言う。
少なくても5万円を期待していたので大ショーック。
そりゃ私の中国株と一緒じゃん。
中国株流行る前から買っていたので、去年の秋には7倍にもなりニンマリしてたのに、そのうちあれよあれよと値下がりし、今年の8月に売ったときにはほとんど買値になっていた。
また間違えちゃったよ売り時。
あまりの期待はずれに他の本だけ売る。
さんざん見古し、じゅうぶん素をとって薄汚れた作品集達が1万2000円で売れたので、良しとするか。
ってか、そこのおやじさん、金子國義の画集に感動してたなぁ。
ボロボロでベタベタで黄ばんでたけど、えらい喜んでくれた。
そこの店最近知ったのだが、私の興味とマッチしてて、このまま中野に住んで通ったら仲良くなれそうなのにと思う。

夕方行きつけの歯医者へ。
歯の定期健診して、旅行用に抗生物質出してもらう。

■日記

26日
中野で飲み会。
前から気になっていた、田原坂という店に行く。
外観は料亭だけど、レトロな感じの居酒屋だった。

27日
五反田でグルジア料理を食す。
くるみとニンニクとザクロの使い方がうまい。
全体としては、串刺し肉のケバブやら、羊の肉まんやら、ピザ生地みたいなチーズ入りパンやら、いろんな国の料理を寄せ集めましたという印象。
名物のワインが、グルジア紛争中で入手困難につき、白1種類しかなく残念。
しかもラベルに「sample」って書いてあり、本当に在庫がないんだと感じる。
世界中で最もポピュラーな料理「肉をトマトで煮る」がグルジア料理にもあったので食す。
この料理は世界中かなり多数な国で、自国の代表料理とされている気がする。
だいたいシンプルな味でインパクトはなくそこそこ美味しく、日本でいったら味噌汁なんだと思う。
グルジア独自な個性はあまり感じられないメニューだが、ひとつひとつの料理はとても美味しかった。

■日記

22日23日と、引越し前に私のスペース作りのため鎌倉の実家に帰省。
21日に打った予防接種あとが大いに腫れる。
目はかゆいは鼻水でるはで具合悪し。
病院に電話するも、その花粉症のような症状と予防接種は因果関係がないとのこと。
まだ菌が体内で動き回っている時に、急な環境の変化で、身体が戸惑ったのだろうと自分では思う。
実家では今日現在、南国代表ハイビスカスが咲いている環境ですから。
鎌倉のハイビスカス

■日記

東京で仕事をしていないのに、家賃の高い東京に住む意味がないと思うので、引越しの準備。
荷物を実家と、箱根の豪邸に一人暮らししている友人の家に振り分けることにした。
友人に手伝ってもらうのもいいけど、引越し業者が案外安いので、引越し業者に頼む。
見積もりを頼んで、「別の業者は同じ条件でいくらだって言ってたよ」と値切っているうち、
結局、2トンロング車で2人来てくれ、中野→実家の鎌倉→箱根の行程で、全部込みこみで5万円になった。
11月6日引越し決定。


休暇の旅行は、スタートだけトモコと行く事になったので、香港行きのチケットを取る。
往復で37,340円。
片道チケットは高いので、私は香港で復路をキャンセル予定。
12月6日出発予定。


破傷風とA型肝炎の第2回目予防接種。
合わせて8,500円。
狂犬病予防接種も一緒に受けようとしたが、私の年齢や体格などにより、
これは次回にしたほうがいいとの診断で、来月に受けることにする。


帰りの電車で、リサバーによく来てくれていたUの字に偶然会う。
また今度飲む約束などする。

■日記

10月18日
家で鍋大会。
鍋は一人でやるより、複数でやる方が楽しい。

10月19日
武蔵小杉で食事会。
アルコール分44度の高粱酒(コウリャンシュ)をたのまれもしないのにロックでぐいぐい飲み、記憶喪失。
気づいたのは武蔵小杉のホームで、駅員に「夜中の1時なんだからもう電車ないよ」と言われている最中だった。
駅前からタクシー、武蔵小杉から中野まで6,000円で乗せてもらう。
後日談で、自由が丘までは東横線上り電車に乗っていたらしい・・・渋谷で折り返したんだな。

10月20日
夕方来るはずの、エアコン無料引取りが、朝9時に来る。
二日酔い。

■日記

10月16日
新宿で飲み会。
21年前に開店スタッフをさせてもらった歌舞伎町の店にも行く。

10月17日
池袋で飲み会。
御会式(おえしき)という鬼子母神のお祭りで、レイちゃんに偶然会う。
地元民レイの解説で楽しさふくらむ。
御会式 夜店
その後著名作曲家の店へ。
以前リサバーにも来てくれたことのある役者Dによる、
「スリラー」と「ビートイット」のマイケルジャクソンの踊りの違い、を楽しく観せてもらい、時間を忘れる。

■最近読んだ本

最近読んだ本です。


客家(ハッカ)―中国の内なる異邦人 (講談社現代新書)客家(ハッカ)―中国の内なる異邦人 (講談社現代新書)
(1991/06)
高木 桂蔵

商品詳細を見る
客家を知る入門として分かりやすい。(リサ)



客家円楼 (旅行人ウルトラガイド)客家円楼 (旅行人ウルトラガイド)
(2000/11)
岡田 健太郎

商品詳細を見る
ガイドブックとして使うには情報が古い。
個々の土楼についてはかなり詳しい。(リサ)

■日記

10月12日
前日超二日酔いのため行けなかった、KAORIチャンの個展『たいようこうえん』を観に目黒へ。
会場でreinmanのアコースティックライブ聴く。

その後16時に目黒を出て、上原君の恒例グループ展『未来への視座』を観るため根津に向かう。
そして東京迷トロにふりまわされる。

目黒駅からは三田線と南北線が同じホームから出ているのだけど、根津までの中継地点の大手町に行きたい私は、三田線に乗らねばいけなかった。
ホームに堂々『三田線』って掲げているのに、さっきから来る電車来る電車みな南北線だ。
案内板でも、次の電車もその次の電車も南北線。
おかしい。
やむなくそばに居た女性に聞く。
日本語わからない。顔は日本人なのに外国の人じゃん。
私も海外でよく道をきかれたな、などとこの場ではどうでもいいことを思い出す。
近くのカップルに聞いてみる。
なるほど、2つ目の白金高輪で乗り換えればいいんだね。
東京迷トロの奴、白金高輪も知らないカッペは三田線来るまで待っとけ、ということだな。
無事乗り継いで大手町に到着するも、すでに17時15分。
今から根津に向かっても、18時に新宿で待ち合わせをしていたので、とても間に合いそうに無い。
やむなく『丸の内線』で新宿に向かう事にした。
『丸の内線↑』表示に従いずんずん歩く歩く歩く。
歩きすぎて不安になってきた頃『丸の内線→』があったので迷わず右折し改札通過。
したら今度は『半蔵門線』やらなんやら馴染みのうすい電車の表示ばかり。
『丸の内線』の丸の字もないでないの。
ヒト気がないので先程入った改札に戻り駅員に聞き、無事約束ギリギリの18時に新宿到着できたのである。
これでいいのか東京迷トロ。

その後は前日誕生日だったトモコと韓国料理を食しながら、
香港まで一緒に行く計画なぞを語らいながら、楽しい時を過ごせたのであった。


10月13日
一昨日から行きそびれてるグループ展『未来への視座』を観に根津へ。
天気も良く、気持ちもいいので周辺お散歩。
今まで私の住んだ東京とはかなり違う。
実家のある鎌倉にむしろ似ている。

香港行きのチケットを取るべく代理店に電話。
往復11,800~14,800円を売りにしてるチケット。
「お値段の確認なんですが、37,540円になります」と。
3倍ってヒドクネ。
ショックで、検討してからかけなおしますと電話を切った。

■アルバム(実験中)

東京-中野
左ドコモビル・右中野サンプラザ サンプラザシルエット実験中


■日記

10月10日
1,000ドル両替。(両替レート1ドル=101.92円)
リサバーの元アルバイト娘を集めて慰労会。
ボッコちゃんの現アルバイト先、銀座のギャラリーバー『カジマ』で。
岩手に住んでいるたまちゃん以外、歴代バイト娘6人そろう。
見事な光景だったな。
お疲れ様でした

10月11日
昨日久しぶりに酒を飲んだので二日酔い。
今日行こうと思ってた2つの展覧会行けず。

■円高株安

円高株安。
少し前まで株と為替等をやっていた。
売りから入って大失敗した経験から、ポジションはいつも買いだった。
店を閉めようと決めた7月末から、この先は現金が必要になるだろうなと、機会をうかがいながら少しづつ金融商品を売っていった。
店を1件出せるくらいの現実損をだしたものの、8月末にはすべて現金化した。
実に運がいいぞ私。
いつも何かあってから、「こんな事ならあの時売っておけば良かった」と思うのだが、
今回は心から、あの時売る決断をした私、エライぞと思うのである。

■日記

円高。
銀行での両替レートが1ドル100円切ったら両替しよう。
東京三菱 104.41円
三井住友 104.64円

エジプトまで、どのように行こうか考える。
図書館でガイドブックを10冊借りる。
続きを読む >>

■予防接種

まだ、エジプトへ行こうしか決めていないけど、どうせ私はいろんな国に立ち寄るに違いない。
だから予防接種を受けることにした。
東京内でかなり安いと思われる「えとうクリニック」で、
A型肝炎 6,000円
破傷風  2,500円
体力に自信はあるけど、オトナになって初めての予防接種なわけで、未知の世界。
狂犬病は2週間後に受けることにする。

■ブログカスタマイズ

だいたい私は短期的凝り性なタチで、このページのカスタマイズを納得いくまでやりたくなった。
片付けそっちのけで、もう何時間もパソコンに向かっている。
10年くらい前にHPを自力で作ったのが、ちゃんと学習されていたようで、その応用をやっているようで楽しい。

■旅に出よう

部屋に積みあがったリサバーの荷物を眺め、ずいぶんと色んなもんを背負っていたんだなと思う。

それらを少しづつ整理しながら、そろそろ次は何をしようか考えようと思う。
健康である。
時間はある。
お金はちょっとだけある。

旅に出よう。
13年前に計画したはいいが、途中のインドに1年居てしまい、行けずじまいのエジプトに行こう。

さぁーて、準備に取り掛かろう!
とは言っても、背負っていたものの多さに、途方に暮れてしまうのであった。

■廃業

10月3日
新宿保健所に廃業届け提出。
その後不動産屋から保証金の償却分を差し引いた残金を返してもらう。
そして氷屋へ9月分の氷代振込み、11年前の保証金の領収証を郵送。
氷屋から保証金額が振り込まれれば、
リサバーの責任者としての私の仕事が終わる。
しばらく歌舞伎町に来ることもないなと思ったが、寂しくなかった。

■終わりと始まり

9月29・30日で、リサバーの片付け。
アルバイトのKちゃんとB子ちゃんに手伝ってもらい、荷物を梱包。
小さな店なのにけっこう荷物あった。
車で中野の自宅に運んだはいいが、一部屋がほぼ埋まる。

10月1日に大家にリサバーの鍵を返す。
以前ゴールデン街でバーをやってた友人Kが、その店閉店後7年ぶりに渋谷でバー開店。
リサバーで予備に購入していたラップやキッチンペーパーを夕方持参するも、あと3時間で新規開店するとはまったく思えない煩雑ぶり。
1週間前にあげたグラス・皿類は、たった今洗って乾かしましたってご様子。
ボトル棚は・・・あたしが昨日あげたリサバーでの残りのボトルしか並んでないじゃないの!
これから酒を買いに行く、と店主Kが行ってしまったので、さりげなく開店準備に巻き込まれる。
洗い物・掃除・看板張替え(!)等々バッタバタの嵐のような3時間後、この店最初のお客様がいらして、無事にKの店はスタートしたのである。
先程まで閉店に追われ、一息つかぬまま開店に追われ、
終わりと始まりは紙一重だと感じた良い1日だった。

リサ婆

カレー屋歴3ヶ月
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で11年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春から間借りでカレー屋を始めましたが、7月31日閉店しました。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

おこしくださりありがとう