■宮城

■南三陸町と石巻に行ってきました。

先週から1週間ほど、宮城県に行ってきた。

電気が5月末まで不通、ようやく最近電気がきたはいいが、それまで配られていた日々の弁当が配布打ち切りになり、食料に困っている地区があるということで、武蔵小杉にある広東料理屋「粥菜坊」の炊き出しに同行した。
個人的にこの店の餃子と料理がすごく好きだ。
鎌倉在住の友人の紹介でこの店を知ったのだが、今回彼女がこの炊き出しに同行するので私もお供した。
4人で中華粥と中華あんかけ麺を1日各350人分つくる。
といっても、ほとんどは「粥菜坊」のママが作り、私は鍋をまぜたり器によそったり。
ママのお粥を初めて食べたが、予想通りたいへん美味しい。

南三陸町の歌津という地区は、3月11日から5月末まで2ヶ月半も電気が止まったままだった。
電気がつい最近まで復旧していない地区があるとは知らなかった。
もしかしたら、いまだ停電地区は他にもあるかもしれない。

南三陸町は、平成の大合併で数年前にできた町で、色々なシステムがまだ統一されておらず、それが復興のネックになていると町の人からきいた。
個人情報保護法も困ったものだ、とも聞いた。
震災直後に地区のリーダーが、町の人の安否を確認したくても、誰がこの地区に住んでいたのか個人情報だから教えられないと役所から言われ、仕方ないので真っ暗な避難所で、この地区の住民を一人一人思い出して紙に書き出した、と聞く。
なんというご苦労。
住基ネットはまったく何のためにあるのか・・・
都会だったなら、誰もこのリーダーのようにはできない。


3月に岩手県の陸前高田に行ったときもそうだったが、ひどい状況に置かれている人ほど優しさがある。
そして、たくましい。


NEW YORK TIMES のホームページに、震災後の写真が載っていると友人から聞いたので、今日それを見てみた。
私はマレーシアにいて、震災当日もその後の10日の報道も知らずに現場を見ているのだが、この写真は、今まで見たどの映像よりも、私の知らない間の出来事を教えてくれる。
想像はしていたけどこうして映像として見ると、すごくせつなくなる。
今はにこやかでたくましい現地の人々がそこに写っている。


リサ婆

カレー屋歴3ヶ月
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で11年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春から間借りでカレー屋を始めましたが、7月31日閉店しました。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

おこしくださりありがとう