■*バングラデシュ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バングラデシュ

人々が皆、素朴で優しい国、バングラデシュ。と聞いていた。
バングラデシュは聞いていた話とずいぶんと違っていた。

同行していた妹いわく、10年前はたしかに噂どおりだったらしい。

バングラデシュはエジプトと同じくらい、いやそれ以上に疲れた。
エジプトは今回の旅でもっとも疲れた国だったが、ピラミッドの謎や興味深い国立博物館やナイル川クルーズが私を癒してくれた。
しかし、バングラデシュにはこれといってハイライト的な見どころはないし、妹が一緒だったのが最大の興味だった。

エジプト人とバングラデシュ人は似てるところがある。

エジプトは世界的な観光地。
観光客からお金ボルのは当たり前。
バングラデシュは世界的にに貧乏な国だった、今でも裕福な国とはいえない。
他国から援助されるのは当たり前。

多くの心優しい人たちにお世話になりましたが、それを帳消しするくらいの金かねカネをよこせ的空気。



明日、タイのバンコクに飛びます。


スポンサーサイト

リサ婆

現在無職。日本在住。
バーのママ歴
中野で4年
歌舞伎町で12年
海外旅行歴
人生の中で延べ約4年
約50ヶ国
春からカレー屋をやるべく、現在奮闘中。

!注意!お願い!
本文中、イスラム教を国教とした国の事を「イスラム国」と書いたのがたくさん出てきますが、それを書いた時点ではまだイスラム国(ダーイッシュ、ISIS)が無かったため、そのような表記になっております。
ですので本文中にある「イスラム国」は、ISISとは関係なく「イスラム教の世界」「イスラム教を国教とする国」というニュアンスでお読みください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おこしくださりありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。